腕前の良い歯医者を探そう

>

歯を抜くのはおすすめできない

正しい治療方法とは

虫歯を発見したり、とりあえず抜こうとする医師は信用できません。
口内を無駄に傷つける結果になります。
傷つくとバイ菌が侵入したり繁殖したりして、病気を発症するリスクがあるので気を付けてください。
治療方針を調べて、歯を抜くことを意識していることがわかった歯医者には行かないでください。

歯を抜くのは、他に手段がない場合だけです。
それ以外の時は、基本的に削って治療します。
虫歯になっている部分だけを削ることで、他の歯や神経にダメージを与えることがありません。
ホームページに治療方針がしっかり書かれているので、初めて訪れる歯医者の場合胃はチェックしてください。
治療しないで放置していると、悪化して抜かなければいけない状態になります。

病気を予防できる方法を聞く

歯磨きを毎食後に行っていれば、虫歯や歯周病などの病気を発症するリスクを低下させられます。
しかし中には、歯を磨いたつもりになっている人がいます。
それでは意味がないので、正しい歯磨きの方法を知ってください。
病気の予防方法を具体的に教えてくれる歯医者は、信頼できます。
歯ブラシで磨くだけでなく、仕上げに歯間ブラシを使ったり、液体歯磨きで口をゆすぐと良いですね。

1回虫歯を治療しても、これまで通り適当な歯磨きを続けているとすぐ再発してしまいます。
正しい歯磨きの方法を覚えたら、それをずっと続けてください。
なるべく歯医者に行かなくて良いように、努力を続けましょう。
鏡を見ながら磨くことで、磨き残しをなくせるので実行してください。


TOPへ戻る